女性が理解できない回避依存症の男性心理と具体的なサイン

回避依存症・恋愛依存症カウンセラーのしれのです。

女性が理解できない回避依存症の男性心理は、正直非常に多いです。

今まで、数百人とご相談を受けてきていますが、今でも初めて頂くご質問もあります。

ここでは、基本的な回避依存症の男性心理と、回避依存症の心の動きを一部解説します。

回避依存症の基本性質は”親密さへの恐れ”があり、本人も生きづらさを感じている。

回避依存症の基本性質は、”親密さへの恐れ”です。

これはほとんどの回避依存症者に自覚があり、口では言わなくても、本人自身も生きづらさを感じて、長年悩んでいます。

悩んでいるのですが、どのように改善したらいいのかわからなくて、途方に暮れているという状態が続いています。

束縛や支配を連想させることに過剰反応する

「親密になることを恐れているとどのような生きづらさがあるのか?」

と言うと、例えば、束縛や支配を連想させる言葉や行動に過剰に反応します。

人間は、何かを恐れていると、その恐れを連想させるものに、過剰に反応してしまいます。

 

例えば、恋愛依存症女性であれば、「見捨てられたらどうしよう」という見捨てられ不安が強くあります。

見捨てられたらどうしようと強く恐れているので、彼から返事が来なかったり、LINEの既読になるのがいつもより遅いだけで不安になる、もう私は振られてしまったのではないかとひどく悲観的になる、など普通の人より過剰に反応するのです。

それと同じように、回避依存症者は、指示や命令・自分のことを知られることなど支配に繋がる行動に過剰反応し、怒りや恐怖を感じるのです。

距離を詰められる・自分のことを知られるとこみ上げる5つの感情

さらにもう一段掘り下げてみましょう。

回避依存症者が、自分のことを知られたり、束縛感を感じると以下のような感情がこみあげてきます。

  • 恐怖心
  • 怒り
  • 焦り
  • 息苦しさ
  • 圧迫感

このような感情になります。

※これらは代表的な感情です。

必ずこの5つすべてを感じるわけではなく、1つや2つだったり他の感情を感じることもあります。

恐らく、多くの女性がこの感情になるのが、イマイチ理解できないでしょう。

しかし、これらは過去のトラウマを刺激されていることが原因で、呼び覚まされている感情なのです。

この感情をすべて説明すると膨大なボリュームになるので、後述する電子書籍で限定公開しています。

具体的な回避サイン6つ

具体的な彼の回避サイン行動を例として挙げてみます。

  • さっきまでご機嫌だったのに急に不機嫌になる
  • さっきまでお喋りだったのに急に押し黙る
  • さっきまで笑っていたのに急に言い方がキツくなる
  • 急に別の話をして、悪口を言いあなたを攻撃してくる
  • 急に話を終わらせたり、用事ができたとその場から立ち去ろうとする
  • 急に丁寧な他人行儀をとる

このような行動をとります。

急に態度が変わるのであなたは驚くかも知れません。

しかし、彼も自分の心を守ろうと必死なのです。

回避サインが出た時の適切な対処法

彼がこのような態度や行動をした場合は、追及したり追いかけてはいけません。

ましてや彼に攻撃されたからといって、あなたが攻撃してはいけません。

感情的になる気持ちはわかりますが、それは火に油を注ぐ行為となります。

彼に殴られたり怒鳴られたり物を投げられたりしても、彼としては正当防衛をしている気持ちになっていることでしょう。

(もちろん暴力行為や乱暴な彼に問題があるのは事実ですが)

NG行動やNGワードが存在しているので、特定する

急に彼の態度が豹変したのならば、その直前の言動や態度に彼へのNG行動やNGワードがあった可能性が高いでしょう。

今後、同じようなことを避けるためにも、NG行動やNGワードを特定することです。

そして、特定したら今後はやらないことです。

特定したら、やらないことを心掛ければ、彼の対応が良くなる可能性が高いでしょう。

逆に、NG行動やNGワードがわからなければ、今後もNG行為をしてしまうので、定期的に彼が音信不通になることは続くでしょう。

回避依存症の彼へのNG行動やNGワードを知りたい方は「回避依存症の彼との付き合い方の教科書」の第1章で限定公開しています。

 

もしNG行動をやってしまったのなら改めましょう。

今後はやらないように修正していけば大丈夫です。

 

ご相談女性から聞かれる回避依存症の男性心理

回避依存症の彼の本命と遊びの違いとは?本命になれない6つの行動

こちらが回避依存症についてのまとめ記事です。

【回避依存症】必読の3記事

「彼の気持ちがわからなくて不安。」「彼のことを深く知りたい」方はこちら

回避依存症の彼との付き合い方で悩んでいるあなたへ