回避依存症の彼からLINEをブロックされたらしておくこと。

ご相談者Aさん:「回避依存症の彼からLINEをブロックされてしまいました・・・

どうしたらいいでしょうか・・・」

 

しれのです。お答えします。

やはり、音信不通系のご相談はとても多いです。

好きな彼からLINEをブロックされれば、悲しい気持ちになって当然です。

どうしたらいいかわからずに、毎日泣いていますと言うメールもよく頂きます。

しかし、ここでうろたえて行動してしまうと危険です。

自己防衛のためLINEをブロックすることはある。

始めにお伝えしたいことは、「LINEをブロックされた=あなたと別れたい」というわけではありません。

もちろん100%ではありませんが、一時的に距離を置きたくなり、自己防衛としてブロックする場合があります。

あなたも混乱しているのは当然ですが、彼も自分の感情が乱れ、混乱した結果LINEをブロックしているのです。

彼もパニック状態なのです。

直前に彼にやってはいけない11のことをやってしまっている

お伺いすると、ほとんどの場合直前に彼にやってはいけない11のことをやっています。

やってはいけない11のことについては下記記事をご覧下さい。

回避依存症の彼がいる人に私(回避依存症者)が本気で伝えたいこと

やってはいけない11のことのことを1回であればまだしも、連発されればLINEブロックすることも十分考えられます。

やっていなかった場合は、連絡頻度が多すぎたり、著しく彼の状態が悪かったことが考えられますが、ほとんどの場合NG行為を連発した場合です。

今後、同じことを繰り返さないためにも、LINEブロックされた原因は、必ず突き止めておきましょう。

距離を詰めると、本当に別れてしまう

話を戻しますが、彼からブロックされた後に、やってはいけないのが距離を詰める行動です。

  • 彼に会いたくて(謝りたくて)、家や職場、駅で待ち伏せする
  • 実際に行動しなくても、彼を取り戻す妄想で頭が一杯になり精神不安定になる

など実際に行動してしまったり、狂気的な妄想をしてしまっていたら非常に危険です。

彼は距離を詰められたくないから、LINEをブロックしているので、それを無視して距離を詰めると、完全に嫌われ、本当に別れることになってしまいます。

彼の家や職場がわからないなどであれば、行動は起こさないでしょうが、それもそれで何も行動すらできない状態が逆につらさが倍増するでしょう。

また、行動せずに妄想だけなら彼には迷惑はかかりませんが、妄想して良いことはありません。

なぜなら、妄想すればするほどあなたの精神状態がどんどんおかしくなります。

精神状態がおかしくなれば、彼から連絡が来ても適切な対応が出来ないからです。

彼がブロックを解除することは十分あるが、そのまま終わるパターンもあるので要相談

彼がブロックを解除することはあります。

実際に個別相談でブロック解除された女性も何人もいます。

実際、距離を詰められたくない精神状態として一時的にブロックしている場合はあります。

その場合は、彼が落ち着けば解除し、連絡してくるでしょう。

期間は数日の場合もありますし、数週間、数ヶ月の場合もあります。

もちろん、完全にお別れの意味のケースもあるので、「どちらなのかわからない・・・」と判断してほしい場合はご相談下さい。

(繊細な問題なので、一概にこうだと断言することは不可能です)

詳細をお伺いした上で、どちらの意味なのかを理由を踏まえてお伝えします。

彼からLINEが返ってきたら、適切な対応が必要

大事なのは、彼からブロックを解除されLINEが来た時の対応です。

ここを間違うとどうしょうもありません。

せっかく、彼からブロックを解除されても、再度ブロックされる可能性もあります。

この時の適切な対応については

「第2章 音信不通の彼から「返事が返ってくるLINE」と「送ってはいけないLINE」とは?」

こちらで理由と彼の心理状態も踏まえ、本気でお答えしています。

「回避依存症の彼との付き合い方の教科書」

まとめ

LINEをブロックしたからといって、絶対にあなたと別れたいわけではありません。

しかし、あなたが混乱状態だったり狂気的な感情のまま行動してしまうと、本当に別れることになってしまいます。

重要なのは連絡が来た時の対応です。

どんなLINE内容が望ましいのか?なぜこの内容なのか?を理解しておくことで、彼からブロックを解除されたときに適切に対応して、元通りの関係になることができます。

 

こちらが回避依存症についてのまとめ記事です。

【回避依存症】必読の3記事

「彼の気持ちがわからなくて不安。」「彼のことを深く知りたい」方はこちら

回避依存症の彼との付き合い方で悩んでいるあなたへ